123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-01-30 (Thu)
小雨模様のクィーンズタウンに別れを告げ(と言っても、翌日には戻ってくるのですが)
一路、ミルフォードサウンドへ。

オーストラリアをドライブしていても、アウトバックに行くと、
ず~~~っと同じ景色でつまらないのですが、
ニュージーランドは、行く先々で違う景色が見られるので、
ロングドライブもそれほど苦になりません。

クィーンズタウンから約3時間で、テ・アナウに着きました。

テ・アナウ湖はニュージーランドで2番めに大きい湖です。

あいにくの曇り空で、ちょっと湖の色が悪く、
「すてき~!」
と感動することはありませんでした。

ここで、グロウンワームケーブツアーに参加しました。
土ボタルの見学ツアーです。

リアルジャーニー社 グロウンワームケーブツアー

ニュージーランド旅行の初日に、ワイトモケーブに行こうと思っていたのですが、
テ・アナウでも見られるからと、ワイトモケーブに行くのはやめたのです。

テ・アナウから少し大きめの船に乗り、対岸のグロウンワームセンターみたいなところに着きました。

P1163105.jpg


グロウンワームとは、というプレゼンを少し見た後、
15人ずつ、ケーブの中に入って行きました。

かなり腰を低くして歩かないと、頭を打ってしまうような低いトンネルを抜け、
所々にしかない明かりを頼りに、歩道を歩いて行きました。

途中、途中で、スタッフが立ち止まって、説明をしてくれました。
天井には、明るい小さな2~3個の、星のような点が見えました。

真っ暗な中、小さな小舟に乗りました。
この小舟に乗るために、15人ずつに分けられたようです。

オールはない船です。スタッフが、天井に張られたロープをタグって進んでいくのです。
おしゃべりは禁止。
もちろん立ち上がるのも、岩を触るのも禁止。

真っ暗な中、し~んとしている中を、船がゆっくりと進みます。

上を見上げると、満天の星かと見間違うほどの土ボタルの光。
幻想的で、とてもきれいでした。

かなり近くで見ることができ(手を伸ばせば触れたと思います)
無数の明かりに感動。

ずっと上を見上げていたので首が痛くなりましたが、
とてもきれいで、下を向いているのがもったいないので、
首が痛くても頑張って、上を見続けていました。

本当にきれいでした。

以前、このツアーに参加したことのあるお友達が、
光が、ポツン、ポツンとしか見えなかったと言っていたので、
満天の星空のように見えた私達はラッキーだったのかもしれません。
時期や、天気、時間帯によっても見え方が違うらしいので、
なんとも言えませんが、とにかく私達はラッキーでした。

写真ももちろん厳禁なので、目にしっかり焼き付けて来ました。

旅行の最後に、子どもたちにどこが一番きれいだった?(良かった?)
と聞いたら、スズは、このグロウンワームケーブだと言ったほど、
きれいなところでした。


センターに戻って、無料のコーヒー紅茶をいただきながら、
再び、グロウンワームのプレゼンを見て、少し土ボタルのことを勉強しました。

船でテ・アナウに戻り、ミルフォードサウンドに向けて出発しました。



人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
* Category : ニュージーランド旅行
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

ミルフォードサウンド * by yuki
 ご無沙汰しております。
我が家も、3年前の4月(あれ、4年だったか)南島に行きました。テアナウとミルフォードサウンド、感動しました。懐かしかったです。
今度のスクールホリデー(4月)は、ボルネオ島に10日間行く予定です。ワイルドな旅になりそうです。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。