12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2013-11-12 (Tue)
なにかの記事で読みました。
FBやブログでイライラするベスト3

長い&更新頻度が高い(その人の記事ばっかりになっちゃう)
自慢話ばっかり、ぐちばっかり、
親ばかな内容

ってことで、確かに、私も人のを読んでいてイライラすることもあるし、
スルーしちゃうこともありますが、
分かってますが、今日は長い&親ばかな内容ですので、いやだ~イライラしちゃう!
って方はスルーしてくださ~い。



先週金曜日にピアノのグレード試験が終わり、
11月11日(月)の夜は、毎年恒例のクリスマスコンサートでした。

かなり長いこと、何度も「遅れている、スズはイグザムに間に合わないかもしれない。」と言われていたスズと、直前に10日間も全く練習できなかったサリ。

無事に試験は終わったけれど(結果は3週間後くらい)
ピアノコンサートはどうよ~と思っていました。


毎年、1部と2部の間に、今年のアワードを発表するのです。
去年は、サリとスズのダブル受賞でしたが、今年はないだろうな~
ましてや、サリなんて、過去3年連続もらっているし、と思っていたらですね・・・・・

またまたサリの名前が呼ばれちゃったんです。
はい、4年連続です。
先生が言うには、
「とにかく、よく練習をする、音楽を楽しんでいる。弾けることが楽しくて仕方がない。
毎週のレッスンでどれくらいサリが上達しているのかを見るのが楽しみだった。毎週サリはその期待を裏切らないで、とても上達しているので本当に教えていても楽しかった。」
と、相変わらずのべた褒め。(レッスンのときにもしょっちゅう、こう言ってくれるんです)


で、アワードの発表が終わってから、第2部が始まりました。
第2部は結構できる子達で構成されているので、聞いていても楽しいです。


スズの名前が呼ばれました。この日のために新調したワンピースに身を包みピアノに向かいました。

[広告] VPS



チャペル&グランドピアノのなせる業かどうかは分かりませんが、
「あら?スズ?こんなに上手だったっけ?」
と思ってしまいまいした。
私の前の席で見ていたおばあちゃんが、スズが終わったとき
「上手ね~、素敵だったわ。」
とわざわざ振り返って私に言ってくれました。




コンサートのとりを務める&アワードをもらったことで緊張しているのかしらと思ったサリですが、
全く緊張感はなく、コンサートを楽しんでいました。

いつも家で練習を聞いていますが、演奏が始まったとき
「え? あれ? サリってこんなに上手だったっけ?」
とさらに驚き。
(二人ともにそう思ったってことは、やっぱりチャペルの中の響きとグランドピアノのなせる業だったか!?)

サリが終わったときには、拍手喝采でした。
終わってからホールに行くと、何人もの人が、わざわざサリの所に来て
「すばらしい演奏だったわ。」
と言ってくれ、サリはとっても喜んでいました。

先生も、これ以上ないってくらいのお褒めの言葉を連発してくれ、サリは超ご機嫌。

[広告] VPS



サリのピアノ人生が始まったこのコンサートで、さらに自信をつけたサリでした。
(え?どういうこと? と思われた方のために書きます。ご存知の方はスルーしてください)

サリが、今の先生のところでピアノを習い始めたのが5年2ヶ月前。
習い始めてすぐにクリスマスコンサート。
ドキドキしすぎて泣きそうになったコンサートでした。

翌年のクリスマスコンサートで思いがけずアワードをいただきました。

その後、音楽科に進みたいと言って、今に至るわけですが、

ず~っとず~っと、何をやっても自信がなくて、
学校では一言もしゃべらないくらいシャイで、
どうやってサリに自信をつけさせよう、何をやったらサリは自信を持って生活できるのだろうと
思っていました。
いろいろなことを経験させ、いろいろなところに連れて行きましたが
なかなか自信を持ってできることが見つからないで、月日だけが流れていきました。




・・・・で、まぁ、音楽科に行きたいと言ったり、フルートも始めてオーケストラにも入ったりして
どんどん自信をつけていったのです。


以前にね、サリと話したことがあったんです。
「いつからそんなにピアノが好きになって、自信もついたんだろうね。」
って。


そうして、二人でず~っと過去の記憶を探っていったら
そのクリスマスコンサートでアワードをもらったことから始まったんじゃないかなという結論に至ったわけです。

そういうわけで、サリのピアノ人生(って大げさですが)が
始まったのは、4年前のクリスマスコンサートのアワードがきっかけだったということです。


サリを見ててしょっちゅう思うのは、人との出会いは本当に人生を左右するのだな、
良い人に出会う、良い先生に出会うというのは本当に大切なことなのだなと思います。

そう思うと、どんな先生につくか、どんな学校に行くか、どんな環境で育つかというのは
とても大切なことで、
近いからとか、時間が合うからとか、安いから(重要ですけど)というより、
先生の教え方とか、人間性とか、相性とかで探さないといけないのだろうなと思います。


あ~~~今日は、めちゃくちゃ長くなりました。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。
親ばか丸出しの内容でごめんなさい。


それでも良かったらクリックして行って下さいね。
励みになります。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
* Category : 育児・子どものこと
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by パセリ
☆ひろさん☆
きゃはは、ありがとう、そんな風に言ってくれたら照れちゃうわ。
私はどちらかと言うと放任に近いと思っているので・・・・(笑)

* by パセリ
☆TMKさん☆
まぁ~、ありがとう。親ばか&長かったのにうるっときてくれて。サリは努力型、スズは天才型(というほどうまくないけど、練習嫌いなくせに本番に強い)なんです。でも二人ともピアノは好きで、こういうコンサートも好きで楽しんでいます。
ほめてくれてありがとう。今度二人が居る時に来てくれたら、生演奏が疲労できるけど・・・・

おめでとう[s:20331] * by ひろ
きっと、パセリの蒔いた種が、クリスマスコンサートをきっかけに実を結んだんだね~
お母さんエライっ!!

感涙! * by tmk
とってもとっても素敵な記事で思わずうるっときてしまいましたよ!
二人ともピアノ上手ー!私みたいな素人に言われても微妙かもしれないけど、
本当に素敵!これからもがんばってー!と才女お二人にお伝え下さいませ^^

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。