123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-04-06 (Fri)
サリが高校の音楽科に進みたいと言って
がんばっているわけですが・・・・・・

ピアノの先生の勧めも合って
私立のスカレーシップを受けることにしました。


本命の練習ということでね。

でも驚いたのが、あちこち調べたら、
Y8のスカラーシップのテストが、Y7の1月とか2月にあるんです。

ピアノの先生から
「私立を受けてみたら?」
と言われたときには、すでに終わっていたところが多かったんです・・・・・

で、一つだけ3月に試験があるところを見つけて、書類を出しました。


3月末の予定だったのですが、
どうやら受験者が多かったようで、4月3日に試験でした。

私立に縁の無いと思っていた我が家
試験を受けに行って、目が点。
そりゃまぁ、立派なこと。

校内のアートセンターでオーディションを受けたのですが
そのアートセンター。
普通のシアターですよ。
学校の中に普通の劇場があるんですよ。

驚きました~!


サリの順番になり、ホールに入りました。
私も一緒にです。
でも私は、ホールの隅のほうに用意された椅子に座って見ていました。

まず、ステージ上にあるピアノに行き、1曲弾きました。
終わった瞬間に、サリが、
審査員がこそこそっと
「The piano was satisfactory」
と言ったと。

ところが、satisfactoryって微妙な言葉なんですよね~
満足な、十分な、気に入るというような意味もあれば、
まあまぁの、そこそこのという意味もある。

さて、どっちだぁ~~!?

フルートはホールの真ん中で演奏。
音が良く響いて、気持ち良さそうでした。

その後、インタビュー。

どうかなぁ、聞かれたことにちゃんと答えられるかなと思っていましたが、
なんとなく良い雰囲気で、受け答えをしていました。

でもね、行く前に、
「好きな教科は何ですか?って聞かれたら、音楽って言うと思うけれど、
音楽ばっかりじゃね~。だから、たとえばさ、6年前にオーストラリアに来たときにはアルファベットも読めなかったけれど、今ではリーディングが大好きで、よく本を読んでいますとかって言ってみたら?」
と、アドバイスをしたのですが、すっかり忘れていたようで
結局、終始、音楽の話をしていました。


練習のために受けた学校ですが、とても良い環境なので、
受かれば行かせたいなぁ~と思ってしまいました。

フルスカラーシップが取れれば良いんですけどね。


人気ブログランキング オセアニア部門に参加中!
ランキングを大切に思っています。あなたの1クリックがとっても励みになります。
応援クリック、よろしくね!
バナープリン



オーガニック情報満載の「マイファーストオーガニック」はこちら


ブログ「マイファーストオーガニック」はこちら


オーガニック商品に興味のある方はこちらのバナーをクリックしてくださいね。
オーガニックの国オーストラリアから、世界で初めて
食べても安全な食品基準のオーガニック認定を受けたスキンケア、ヘアケア、
歯磨き粉、ベビーケア商品などがあります。

世界169カ国で愛用されているオーガニック化粧品です。
日本のご自宅に直接お届けします。
ロゴ










関連記事
スポンサーサイト
* Category : 育児・子どものこと
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。