個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-02-28 (Mon)
閏年ではないときには、毎年悩む夫の誕生日。

2月29日生まれですから・・・(笑)

たいていは、直前の週末に、
アデレードフリンジに行ったり、
レストランに行ったりして、
なんとなくお誕生日をお祝いしているのですが、

今年は、この週末が、
2日間とも、私がマーケットに出店したため、
そんなお祝いをする余裕もありませんでした。
(このマーケットのことは後日)

昨日は疲れきって、
メルボルンストリートにある和食のお店「さと」に行き、
お刺身とお寿司や天ぷらなどを食べて、
なんとなく、
「誕生日プレゼントだよね。」
なんて言っていましたが(笑)


昨日の疲れで、今朝は子ども達ものんびり起きてきて、
夫が出勤するときには間に合わず、
「ハッピーバースデー」
も言っていないので、今夜、サプライズパーティーの予定です。

タルトを作りながら、
そう言えば、久しくケーキやお菓子も作っていなかったな~と
思いました。

なるべく砂糖を摂るのを控えようと思うと、
やっぱりケーキとかお菓子は作らなくなりますね。

今、子ども達は、一生懸命に部屋の飾りつけをしています。
だから今日の宿題はやれないそうで・・・・(笑)
宿題ができなかった理由は
「お父さんの誕生パーティーの準備をしていたため。」
って書くんですよ。
それでOKってところが、お気楽なオーストラリアの良いところですね。

さて、さて、夕飯は何にしようかな・・・・・


オーガニック商品に興味のある方はこちらのバナーをクリックしてくださいね。
オーガニックの国オーストラリアから、世界で初めて
食べても安全な食品基準のオーガニック認定を受けたスキンケア、ヘアケア、
歯磨き粉、ベビーケア商品などがあります。

世界169カ国で愛用されているオーガニック化粧品です。
日本のご自宅に直接お届けします。
ロゴ

人気ブログランキング オセアニア部門に参加中!
ランキングを大切に思っています。あなたの1クリックがとっても励みになります。
応援クリック、よろしくね!

バナープリン






スポンサーサイト
* Category : 毎日の暮らしの中から
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

* by パセリ
☆づみさん☆
ありがとうございます。
サプライズのつもりだったのですが、夫は予想していたようです。楽しみにしてたんだ~~!と言っていました。

* by パセリ
☆にゃにゃちゃん☆
いや~まぁ~、言わないでしょ、もうこの年になったら。
「誕生日です!」
なんて。(笑)

* by パセリ
☆ひろさん☆
ありがとう~~!
自分で言ってもビックリするくらいの年なんだよね、お互いに(笑)
夫も「う・・・・信じたくない。」と(笑)

* by づみ
お誕生日おめでとうございます
素敵な1日になったことでしょう

* by にゃにゃ
おめでとーございます♪
伝えといてね。
日曜に会ったのに、そうとは知らず
何も言えなかったので。

* by ひろ
HAPPY Birthday旦那様♪♪
HAPPYな1年でありますよ~に

個別記事の管理2011-02-26 (Sat)
我が家の一人息子のトイレットトレーニングは
続いております。

プリンも誰かに似て、ガンコみたいです。

だって、犬って、8時間おきくらいにおしっこするって
聞いていたのに、
24時間以上、我慢しちゃったりして・・・・・

いい加減にしないと病気になるよ、
と根負けして、外に連れていった途端に
おしっこをする。

ある時は我慢しきれず、
わざわざトイレシートのないところへ行っておしっこ。

シートの上でトイレをしてもいい
ということがなっかなか入っていきませんでした。

賢い犬種のはずなのになぁ~~~(笑)


でも、一昨日から、今日で3日連続、
朝、起きて、トイレの場所に連れて行くと、
それほど長い時間待たなくても、できたんです。

やった~~~、
これはひょっとして、
ようやく、ここでトイレをしてもいいってことを覚えたかしら???

と思っています。

でも、今までは、リードをつけて、
そこへ連れて行って、ランドリーの辺りから出られないようにしてあったのですが、
リードを離しても、
果たして、ちゃんとランドリーに行ってトイレをするかどうかは不明。

もうしばらくは、リード付きで、
トイレ通いになると思います。

これで完全に覚えてくれると良いけれどな~~


先日もお知らせしましたが、
銀行振込でマイエッセンス商品が買えるのは
2月28日までです。
2月28日の夜、ペアーリーフを閉鎖します。
銀行振込で商品購入をご希望の方は、お急ぎくださいね~~~!
ペアーリーフこちらです

オーガニック商品に興味のある方はこちらのバナーをクリックしてくださいね。
オーガニックの国オーストラリアから、世界で初めて
食べても安全な食品基準のオーガニック認定を受けたスキンケア、ヘアケア、
歯磨き粉、ベビーケア商品などがあります。

世界169カ国で愛用されているオーガニック化粧品です。
日本のご自宅に直接お届けします。
ロゴ

人気ブログランキング オセアニア部門に参加中!
ランキングを大切に思っています。あなたの1クリックがとっても励みになります。
応援クリック、よろしくね!

バナープリン









* Category : 犬のこと
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-25 (Fri)
子ども達の小学校で、クラス懇談会があったので行ってきました。

夜6時からがサリたちのクラス。
懇談会、と言っても、先生が30分間
ひたすらしゃべり続けるわけですけどね。

教育方針や、目標や、ルールやなんやかんやを。

サリたちの先生は、今年、他の学校から転任された先生なので、
どんな先生かな~と思ったのですが、
もう、安心。

子どもが大好きで、
子どもの能力を本当に信じていて
子どもの力をどうやったら上手く伸ばしていけるか
というのを、
的確なポイントを付いてやってくれる

というのが30分間の話でひしひしと伝わってきました。

終わってから、サリにそう話すと
「うん、本当にそうだよ。
 分かりやすく説明してくれるし、
 びしっと言うけど、怖くなくって優しいし、
 本当に良い先生だよ~~~。」
と。


7時からは、スズのクラスへ。
大半が両親揃って来ているので、
教師の中は、大人でいっぱいでした。

スズの先生は、5年目の先生。
若くて、元気があって、優しい先生。
悪くはないけれど、
昨年の先生があまりにも良すぎたので、
スズはちょっと不満気。

「う~~~ん、悪くないんだけれどね~~~。」
と。
ま、仕方がありません、
去年の先生は、本当にパーフェクトな先生でしたから。


先生の話を聞くのも、これで6年目ですが、
ちょっとはリスニング力も伸びているのね、私、
と、終わってからちょっと嬉しくなったりした単細胞でした。

スピーキングは相変わらず、しどろもどろですが・・・・・


さて、明日、あさっては、マーケット。
スピーキング力がない~~!なんて言い訳を言ってられないので、
頑張ってきます!!!

たくさん、お客さんが来てくれますように


オーガニック商品に興味のある方はこちらのバナーをクリックしてくださいね。
オーガニックの国オーストラリアから、世界で初めて
食べても安全な食品基準のオーガニック認定を受けたスキンケア、ヘアケア、
歯磨き粉、ベビーケア商品などがあります。

世界169カ国で愛用されているオーガニック化粧品です。
日本のご自宅に直接お届けします。
ロゴ

人気ブログランキング オセアニア部門に参加中!
ランキングを大切に思っています。あなたの1クリックがとっても励みになります。
応援クリック、よろしくね!

バナープリン








* Category : 小学校・日本語補習校
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-24 (Thu)
今週の土曜日は、オーガニックマーケット開催ですよ~。
場所は、アデレード空港から7分くらい、
ヘンリービーチから5分くらいの
フルハムガーデンプライマリースクールです。

9時から1時まで。
オーガニック野菜はもちろん、オーガニックミート、
オーガニックの卵、はちみつ、オリーブ、
コーヒー、ケーキ、鉢植え、フェアトレードのお店などなど
たくさんあります。

遊びに来てくださいね。
特に、私が販売しているオーガニックパーソナルケア商品は、
只今、キャンペーン中!

アンケートに答えるだけで、スキンケアサンプルサシェセット(クレンジング、コンディショナー、モイスチャライザー)とカタログがもらえます。

それから、メンバー登録費、10分の1キャンペーンも。
メンバーになるなら2月中がお得!(日本在住の方も適応されますので、詳しくはお問い合わせください)

さらに、さらに、お友達紹介キャンペーンもやってます。
紹介してくれたお友達が購入してくれたら、素敵なプレゼントを差し上げます。


ネットでは、匂いも、使用感も分かりませんが、
マーケットでなら、ほぼすべての商品を手にとって、使って頂けます。



2月27日(日)は
ビューティフルバースフェスティバルが フラトンパーク(フラトンロードとフィッシャーロードの角)で
10時から6時まで開かれます。

マタニティヨガなどのワークショップあり、
お子様が楽しめるフリーアクティビティーあり、
50店舗以上のお店が立ち並ぶマーケットあり。

遊びに来てくださいね~~!

オーガニック商品に興味のある方はこちらのバナーをクリックしてくださいね。
オーガニックの国オーストラリアから、世界で初めて
食べても安全な食品基準のオーガニック認定を受けたスキンケア、ヘアケア、
歯磨き粉、ベビーケア商品などがあります。

世界169カ国で愛用されているオーガニック化粧品です。
日本のご自宅に直接お届けします。
ロゴ

人気ブログランキング オセアニア部門に参加中!
ランキングを大切に思っています。あなたの1クリックがとっても励みになります。
応援クリック、よろしくね!

バナープリン








* Category : イベント
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-23 (Wed)
クライストチャーチの地震のニュースを見るたびに
そのエネルギーの大きさに、驚かされます。

崖が崩れ、

屋根が潰れ

6階建てのビルが、2階建ての高さになってしまっている。

幸いMiyukiさんとそのご家族は無事でした。

本当に安心しました。

が、まだ24人もの日本人が、連絡が取れない状況にあると。

1日も早い、いや、1分でも早い救出を願ってやみません。


* Category : 毎日の暮らしの中から
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-22 (Tue)
今日のお昼、ニュージーランドのクィーンズランドで大きな地震があったのは
もうすでにニュースでご存知の方も多いことでしょう。

オーストラリアとニュージーランドは兄弟のような(?)もの。
地震があってからニュースが流れっぱなしです。

現地にいた日本人の方によると、
阪神淡路大震災なみだったとか。


家が潰れ、

塀が崩れ、

道路がひび割れ、

液状化現象が起き。

見ているだけで涙が出てきそうな映像ばかり。

すでに65人もの方が亡くなったそうです。
ご冥福をお祈りします。

日本から語学研修に来ている人達も、
崩れた建物に閉じ込められているとか。
少しでも早く救出されるように祈ります。

でも、私にとって一番心配なのは、
クライストチャーチに住むMiyukiさん。
よくブログにもコメントをくれる方です。

電話をしてみようかと思ったのですが、
多分、そういう問い合わせもひっきりなしだと思うので、
明日か明後日にしてみようと思っています。

どうぞ、何もありませんように。


ニュージーランドは日本と似ていて、
プレートの切れ目に乗っているし、
地震に対する備えはあったと思うのですが、
今回の建物の倒壊はひどいものです。

先日のクィーンズランドの洪水も、
ケアンズ周辺のサイクロンも、
今回のクライストチャーチの地震も、
天災ですが、
地震は予想が難しいだけに、避けようがないですね。

ニュースで見ていても、いきなり、2階の屋根が道路に落ちてきて、
車を潰してしまっていました。
人の上ならひとたまりもありません。


私、母が亡くなった時からかな、
自分が死ぬときには、必ず
「ありがとう。」
とか
「さようなら。」
とかという言葉を伝えたい、
何も言葉を残せずに死ぬのは嫌だと思うようになったんです。

だから、交通事故などをすごく恐れているわけですが、
今回の地震で亡くなった方も、
何も言えないうちに、突然建物に潰されて亡くなってしまった方も多いのだと思います。

一瞬にして、自分の人生が終わってしまうだなんて、
思っていなかったであろう人達。

本当に心の底からご冥福をお祈りしたいと思います。


オーガニック商品に興味のある方はこちらのバナーをクリックしてくださいね。
オーガニックの国オーストラリアから、世界で初めて
食べても安全な食品基準のオーガニック認定を受けたスキンケア、ヘアケア、
歯磨き粉、ベビーケア商品などがあります。

世界169カ国で愛用されているオーガニック化粧品です。
日本のご自宅に直接お届けします。
ロゴ

人気ブログランキング オセアニア部門に参加中!
ランキングを大切に思っています。あなたの1クリックがとっても励みになります。
応援クリック、よろしくね!

バナープリン










* Category : 毎日の暮らしの中から
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by づみ
Miyukiさんのご無事祈っています

このところ自然災害がひどいですよね
1日でも早い救出と復興を祈っています

NZの方がツィッターでつぶやいていたのですが、携帯は持っていた方がいいと

* by Miyuki(Christchurch)
Miyukiです。
パセリさん、りーちゃんさんご心配本当にありがとうございます。目頭が熱くなっています。

本当にすさまじい揺れでした。

勤務先の幼稚園で子供達全員と先生達とでランチタイムでした。
本来なら自由に子供達が遊んでいる時間だったのですが、昨日はお天気が悪くて一日の予定がずれ込んでいたのは本当に幸いでした。

半分の子供達はパニックで泣き叫び、
残りの半分は普通に食べていました。(ある意味凄い)

子供達の前ではとにかく気丈に振る舞い、
落ち着かせようとするとまた強い余震が。

そんな繰り返しが1時間半ほど続きました。

子どもたちの親も蒼白な顔でお迎えにやって来て
無事誰も怪我することなく園を去ることが出来ました。

そして、あ!自分の子供達!?
急いで学校に迎えに行きました。

被害がとても大きかった街中中心部で働いていた主人とは全く連絡が取れず、とても心配しましたが、普段車で10分ほどの所を、1時間半掛けて(皆が一斉に帰路に着きました+信号が一切動いていなかったので大渋滞を引き起こしました)
実は主人はエレベーターの中に閉じ込められていて自力でドアを開け、7階と8階の間で止まっていたのを脱出してきました。凄い!

家族4人とも無事に再会する事が出来ました。
メリーはベッドの奥の方で怖がっていました。
家の中の物が散乱していましたから、かなりの音だったと思います。

家の方はガレージと家の壁が浮いてしまっているぐらいで水も電気も大丈夫です。

今回は沢山の命が失われ、私の友人のご主人(ロシア人)も瓦礫の中です。とても仲の良い夫婦だったので、彼女の事思うと胸が張り裂けそうです。


家が壊れてしまったり、液状化現象で車が動かせなかったり、水も電気も無かったり、大変な人が山ほど居ます。そういう友人を出来るだけ家に呼んで我が家を使ってもらっています。

長くなってしまいましたが、
本当に本当にご心配をありがとうございます。

オーストラリアからも沢山の人が助けに来てくれています。まだ余震が続く中、今にも崩壊しそうな建物の中で必死の救命作業が続いています。

首相も言っています。

”必ず乗り越える”と。

皆で支えあって大変なこの時期を乗り越えて行きたいと思っています。

とても長くなってしまってごめんなさい。

パソコンのスクリーンが落ちてしまって壊れてしまったので、今日友人の予備を借りました。

とにかく大丈夫ですのでご心配なく。

ありがとうございます。


Miyuki from Christchurch



* by りーちゃん
まさに阪神淡路大震災の映像を私も思い出しました。
建物の倒壊状態を見、救出を待つ人たち、またこの災害で亡くなられた方々を思うと、本当に涙の出る思いです。パセリさんのお友達Miyukiさんがご無事であられることを、私も祈らせていただきます。

* by ひろ
Miyukiさんのご無事祈ってます。

阪神淡路大震災の時は、兄が淡路に住んでたので、無事が確認出来るまで心配でした。



個別記事の管理2011-02-21 (Mon)
サリが、センシティブってことは知ってましたよ。

繊細? 過敏? 打たれ弱い?

う~~ん、日本語だとどれだろう、どれもだな、うん。

そのさりが、この頃、あまりよく寝られないと訴えてきます。

寝付きも悪いし、

夜中に2~3回は目が覚めちゃうと。


寝る前にカルシウムを摂ると良いという記事を読み、

サプリメントを飲ませてみても、効果なし。

ナチュロパスで出しているような

「Child Sleep」

というのを買ってみて、飲ませてみたけど、

これも、寝れた!!!というほどの効果はなく。

バスケットでクッタクタになるまで動いたから

今日はきっとぐっすりだね、というときでも

やっぱり夜中に2回、目が覚めたと。


なんだろね~~、

なんだか気になることがあって熟睡できないのかしら?

学校は楽しく行っているし、

お友達とも仲良く遊んでいるし、

宿題は増えたけど、頑張ってやっているし、

ピアノはグレードが上がって喜んでいるし、

う~~~~ん、なんなんだ、と悩んでいたんですけれどね。



今日、日本のお友達とスカイプでチャットをしていて気づきました。

「5月に日本に行くのが楽しみで、すでに興奮状態にあるのでは!?」

ということに。

そうだ、多分、それしか考えられない。

だって、毎日のように

「あ~~~、楽しみ。なんだかドキドキするな~。」

って言っていますから。まだ3ヶ月もあるのに。

今からこんなんじゃ、近づいたら、やっぱりピアノコンサートや、シドニーの時のように

肺炎になったり、高熱を出したり、咳が止まらなくなったりするんじゃないかしら???

はぁ~~~、さりちゃぁ~~~ん。

あんまり興奮しないでくれる? 元気に日本に行きたいからね~。


オーガニック商品に興味のある方はこちらのバナーをクリックしてくださいね。
オーガニックの国オーストラリアから、世界で初めて
食べても安全な食品基準のオーガニック認定を受けたスキンケア、ヘアケア、
歯磨き粉、ベビーケア商品などがあります。

世界169カ国で愛用されているオーガニック化粧品です。
日本のご自宅に直接お届けします。
ロゴ

人気ブログランキング オセアニア部門に参加中!
ランキングを大切に思っています。あなたの1クリックがとっても励みになります。
応援クリック、よろしくね!

バナープリン






* Category : 育児・子どものこと
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

* by パセリ
☆えみきっちゃん☆
ね~、でもサリらしいでしょ?
おっぺけぺ~の頭の中は、日本のことでいっぱいなのさ。
頭の中がお祭り状態なのよ、多分。

* by パセリ
☆たいゆうさん☆
なるほど、間接照明ですか。
うちにはないです(涙)私が、薄暗いのが苦手で、明るい電気を使っちゃうんですよね・・・・
眠れないって言うのはつらいですよね。

* by パセリ
☆にゃにゃちゃん☆
いや~もう、本当に、体調をくずすんじゃないかと思って今から心配だよ。
日本のことは頭から追いだしてほしいわ、しばらく。

おっと。。。 * by えみきち
私もその話題に触れるのはやめておきます。
こないだの日曜日もしちゃったし。ごめんねさりちゃん!
ほんとに繊細だ、こりゃ。
体調守られますように。

* by たいゆう
寝る2時間前に暖色系の明かりで間接照明にすると良いようですよ。薬剤のように今日明日に効果は出ませんが、徐々に睡眠障害が改善されるそうです。

* by にゃにゃ
寝れないのはつらいけど、
そこまで楽しみにしてくれてると、
連れてきがいもあるねー。
しばらくさりちゃんに「日本」という
単語、使うのやめておきます(笑)

個別記事の管理2011-02-20 (Sun)
アデレードで毎年開かれているアデレードフリンジは、
世界中から、大道芸人たちが集まってパフォーマンスを繰り広げてくれるイベント。

3年前の記事に詳しく書いたので、良かったらお読み下さい。


毎年、フリンジに行っている我が家。
と言っても、何かショーを見る訳ではなく、
公園に行って、お祭りの雰囲気を楽しみ、
縁日の屋台のようなお店屋さんをひやかし、
移動遊園地の乗り物に乗って楽しむのです。

P1130396.jpg

P1130397.jpg

P1130410.jpg

P1130413.jpg





今年、サリが選んだのはこれ。

P1130417.jpg


はい、360度回転する乗り物です。


P1130422.jpg

P1130429.jpg


乗りながら気絶するんじゃないかと思っていましたが、
下りてきた瞬間、
「めちゃくちゃ面白かった~~~、もう一回乗りたいくらい!!!」
と興奮していました。

スズはゴーカートのようだけれど、車同士ぶつかり合う物。
1台8ドルだったので、スズ一人で乗っても、私も一緒に乗っても同じだったので、
一緒に乗ったのですが・・・・・
いや~まぁ~、スズったら。
ものすごい過激なドライバーなんですよ。
がー~~~っと猛スピードで走って行って、
他の人の車にが~んとぶつかってみたり、
アクセル全開にしながら、急ハンドルしてみたり。
私、決めました。
将来スズが、大きくなって運転免許を取ったとしても
絶対スズの車には乗らないってことを(笑)

ステージでは、無料で見られるパフォーマンス。


この人は、オペなどに使うゴムの手袋を頭に被り、
鼻まで手袋で覆い、鼻息でゴム手袋を膨らませて、割ったり、
三角の板の上にオレンジジュースの入ったコップを置いて、
紐をグルングルン振り回したり(ジュースはこぼれませんでした)
ガットのないラケットを頭から爪先へ通してみたり、
なかなか面白いものを見せてくれました。

P1130443.jpg

P1130444.jpg


道を挟んだ反対側では、ステージでロックコンサートもやっていました。

お祭り大好きな我が家なので、毎年、フリンジは欠かせない行事の一つとなっています。


オーガニック商品に興味のある方はこちらのバナーをクリックしてくださいね。
オーガニックの国オーストラリアから、世界で初めて
食べても安全な食品基準のオーガニック認定を受けたスキンケア、ヘアケア、
歯磨き粉、ベビーケア商品などがあります。

世界169カ国で愛用されているオーガニック化粧品です。
日本のご自宅に直接お届けします。
ロゴ

人気ブログランキング オセアニア部門に参加中!
ランキングを大切に思っています。あなたの1クリックがとっても励みになります。
応援クリック、よろしくね!

バナープリン









* Category : イベント
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by パセリ
☆クレアさん☆
ブログへの訪問&コメントありがとうございます。
まぁ~、楽天のブログまで読んでくださったなんて、うれしいです。
TTPは1週間に1~2回は行っていますね。近いんです。車で8分くらいかな。昨日も行ってマイヤーで色々物色していました(笑)でも、フードコートで買うのは、マックのソフトクリーム(50セント)か、グローリアジーンのカプチーノくらいで、あんまりあそこで食事はしてませんね~。

リッジヘブンは週2~3回通っていました。子ども達の器械体操がリッジヘブンのさらに奥(?)バンクシアパークにあったので。
14年前と今とではきっとずいぶん変わったでしょうね。TTPはあまりにも日常過ぎて書いてませんでしたが、また、書くようにしますね。
これからもよろしくお願いします。

初めまして * by クレア
14年も前の事ですが、ホームステイしておりました三十路ママです。ふと懐かしくなり、アデレードで検索するとトップで出てきたのをきっかけに、読ませていただきました。楽天時代まで全部(^-^;ついつい止まらなくなってしまいました。

懐かしくもあり、子育ての後輩として学ぶ事もあり。これからも拝見させてください。楽しみにしております。

ちなみにRidge Heavenに滞在してました。Tea Tree Plazaには毎日行ってました(^◇^)過去記事に一度しか出てきませんでしたが、『あまり行かれないのかな。フードコートとおっしゃってたのは、もしかしてTea Tree Plazaかな。』などと一人妄想を楽しんでます。勝手に応援しております(^◇^)ノ

個別記事の管理2011-02-19 (Sat)
先日、扁桃腺炎で体調を崩してから、
食事は、少しで、あまり油物も食べず、
ゆるゆるベジタリアン状態(だしとかは使っていたので)
だったのですが、

昨日、子ども達が、
「ピザが食べたい、パスタが食べたい。」
というので、
シティに行くとたいてい行くSan Gornoに行きました。

サーモンのクリームペンネ

具沢山の12インチピザ
それに、隣の席のおじちゃんが美味しそうに食べていたので、
ついつい釣られてオーダーした生牡蠣。


それほどの量を食べたつもりはなかったのですが、
この1週間では一番たくさんの量を食べたと思います。


夜中になっても、お腹が張ったような状態。

くるし~~~、と思いながらベッドに行くと、
しばらくして、吐き気が・・・・・

2時間ほど吐き気に苦しみ、
胃薬を飲んだものの収まらず、
とうとう、トイレへ・・・・・・

出しちゃったらすっきりしましたが、
やっぱり急に脂っこいものを食べたから、
胃が拒否しちゃったのでしょう。




さらに、止めておけば良かったのもう一つは、
その食事の後、コーヒーを飲んだんです。

いつもは、寝られなくなるからと夜6時以降は飲まないようにしているのですが、
脂っこいものを食べたので、
どうしてもコーヒーが飲みたくなって・・・・・・

おかげで、12時を回っても睡魔が襲ってこず、

1時をすぎても、2時を過ぎても、3時を過ぎても、
あくび一つ出ませんでした。

結局、寝られたのは多分4時過ぎ。

夜のコーヒーはやっぱり私にはダメでした。


オーガニック商品に興味のある方はこちらのバナーをクリックしてくださいね。
オーガニックの国オーストラリアから、世界で初めて
食べても安全な食品基準のオーガニック認定を受けたスキンケア、ヘアケア、
歯磨き粉、ベビーケア商品などがあります。

世界169カ国で愛用されているオーガニック化粧品です。
日本のご自宅に直接お届けします。
ロゴ

人気ブログランキング オセアニア部門に参加中!
ランキングを大切に思っています。あなたの1クリックがとっても励みになります。
応援クリック、よろしくね!

バナープリン






* Category : 毎日の暮らしの中から
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by パセリ
☆りーちゃん☆
扁桃腺だけでも辛かったのに、さらに追い打ちをかけるように、気持ち悪くなっちゃってね・・・・
年には勝てない、ってことだね。
昔は寝る直前までコーヒー飲んでたって平気だったのになぁ~~~

* by りーちゃん
あいや~ぁ…。大変な思いをされましたねぇ。涙
油とコーヒーは体に負担ですよねぇ。日ごろはなんともないんですけど、痛んでいる時は応えます。少しでも早く回復されますよ~に♪

個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
今日、2005年4月7日
永年の夢がかないました。
ついに、ついに、オーストラリアの永住権を取得することが出来ました。
申請するまでに5年半、申請してから取得するまでに1年3ヶ月、
7年越しの夢がかないました。

今日は、盛大に祝杯でもあげたい気分ですが、
相変わらず主人の帰りは遅く、喜びを分かち合えそうにありません。
あ、もちろん、携帯では
「とうとう、取れたね!!」
「やったね!」
と話をしましたが。
やっぱり、顔を見て喜び合いたいですよね。

それにしても、長かった・・・・
何度あきらめかけたことか。

オーストラリア永住権の申請条件を簡単に言えば
・年齢
・職業
・英語力
・健康
と言ったところでしょうか。
その中の英語力が私たちにとって最大の難関でした。
主人も私も仕事をしながらの準備だったので、なかなか英語力アップが図れず、何度となくIELTSを受けました。
一度受けると3ヶ月以上開けないと受けられないので、3ヶ月経って一番早く受けられる会場を選び、東京、大阪、名古屋、京都とあちこち受けまわりました。
挙げ句の果てには、1ヶ月、ブリスベンへ語学留学して、ブリスベンでもIELTSを受けました。
リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各セクションをクリアしないといけないのですが、
「4項目のうち、3項目クリアしたのに・・・」
「前回クリアできたところが、今回はダメだった・・・」
となかなか 4項目のクリアが出来ませんでした。

ようやくIELTSをクリアできたときの喜びと言ったら。
まるで永住権が取れたかのような大騒ぎでした。


また、申請の時のことは、いずれ詳しく書きたいと思います。

とにかく、オーストラリアで生活しても良い、というビザを取ることができました。
ばんざぁ~~~~~い!!!


* Category : 永住権
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
家に次いで、大変だったのは車探しでした。

日本の感覚で行くと10年乗った、とか、10万キロ走った、と言えば値段も付かず、スクラップ行きなんですが・・・・

こちらでは、10万キロ以上走っていても、70万円(7000ドル)なんて言うのが普通。初めて中古屋さんに行ったときに
「ええ~~、15万キロ走っているんだよ。どうして、130万円もするの!?」
「この車のメーター、30万キロってなっているけれど、見間違いじゃないよね。」
「10万キロ走っていて、200万円くらいするなら、新車を買って、長く乗った方が良いんじゃないかな?」
とブツブツ・・・・・

でも、新車は、やはりさらに高く、TOYOTAのラブ4で、最低が320万円、言われたときには、やっぱり中古だぁ~~~(涙)
でも、中古も、当たりはずれがあると聞いていました。下手な物を買うと、修理代の方がかかってしまうと・・・・

そんなことは言っても、車は我が家にとって必需品。
買わないわけには行きません。

結局、3日間、レンタカーを借りて、中古自動車屋さん巡りをしました。
「いいなぁ。」
と思うと、値段が高い。
「この値段なら!」
と思うと、20万キロ走っている。
と言う感じで、なかなか良さそうな車が見つかりません。

何軒目かの車屋さんに行ったとき、真っ赤なバンで、5万キロ、値段も手頃という車が見つかりました。多分、それ程走行距離が行っていなくて、あの値段だったのは、色がオーストラリア人受けしない、真っ赤っかだったからだと思います。でも、夫も私も、値段、距離、色、形、広さなどどれも納得できる物だったので、その車を買うことに決めました。

決めてから、あ~~、オーストラリアの仕事は、分担制がはっきりしている!
と思ったのは、1台の車を契約するのに、何人もの人と話をしなくてはいけなかったのです。
車を売るのは中古屋のセールスマン、
次に行くのはお金の担当者、
その次は保険の担当者、
メンテナンスの担当者・・・・・・

結局、買うと決めてから2時間以上、それぞれの担当者と話をつけていたのでした。あ~~~疲れた!

幸い、車は、とても快適で、今のところ修理には出していません。


* Category : 日本との違い
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
アデレードに来て、一番大変だったことといえば、家探しです。
日本のように不動産屋さんに行って、見せてくださいといえば見せてもらえるという物ではないからです。

不動産屋さん(リアルエステイト)に行っても、
「担当者がいないから、分からないよ。これが担当者の電話番号だから、ここに電話してみて。」
と言われることが多いのです。

水曜日と、土曜日の新聞に、賃貸物件がたくさん載っているので、まずは新聞を買いました。そして、希望のサバーブ、ベッドルーム数、値段などを見て、絞っていきます。我が家の場合は、シティの南の方で、3ベッドルーム、キッチンはガス、週230ドル~270ドルくらいで探しました。

良さそうな物件をいくつか絞り、電話をして住所を聞きます。外観、地域、交通の便、買い物の場所などをチェック!そこで良さそうだな、中を見たいなと思う物件があれば電話をして、インスペクションの日にち、時間を決め、中を見せてもらいました。

我が家の場合、外観のチェックは15軒ほどしました。
中を見せてもらったのは4軒でした。軒が4軒とも、それぞれに良いところがあり、悪いところもあるという感じでしたが、その中の1軒が4人とも「良さそうだね。」と意見一致だったので、そこを借りることにしました。

結局、家を探すのに2週間くらいかかりました。最終的には
「あ~、もう疲れた。ここなら、そこそこ良いから、ここに決めようよ!」
という感じで、決まったように思います。


* Category : 日本との違い
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

みんなのプロフィール   * by みんなのプロフィール
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/suntory_cclemon/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/suntory_cclemon/?mode=edit&title=%89%C6%92T%82%B5%82%CD%91%E5%95%CF%81I&address=http%3A%2F%2Fplaza%2Erakuten%2Eco%2Ejp%2Fpaserichan%2Fdiary%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/suntory_cclemon/?mail


個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
今日は、この家に住み始めてから2回目のインスペクションでした。
3ヶ月に1度、エージェント(賃貸業者)が、インスペクションに来ます。昨日は、あちこち掃除をしたり、庭の草取りをしたりと大忙しでした。だって、
「使い方が汚い!出て行ってもらいましょう!」
なんてことを言われたら、大変ですから。

2週間ほど前に受け取った手紙には
  ・9時半から1時の間に行く
  ・居なかったら、こちらで持っている鍵で開けるから、セキュリティーシステムは解除しておくようにとありました。居なくても、勝手に入ってきて、勝手に見ていって、悪いところがあれば連絡が来るのですが、やはりなんとなくそれはいや。できれば、居る時に来てほしいなぁと思っていました。

10時20分から用事で外出したかったので、それまでに来てくれるといいなぁと言う思いが届いたのでしょうか。10時5分に
「ピンポーン!」
とチャイムの音。が家は土足禁止にしてあり、玄関に「靴を脱いでね!」と張り紙をしておいたので、ちゃんと靴を脱いで待っていてくれました。

インスペクションはあっという間に終わり、5分後には
「じゃあね~!」
でした。

2週間前に、芝刈り機が壊れ、修理に出しているところなので、裏庭の桑は伸び放題。ぼうぼう。ジャングル化していたので、何か言われるのではないかと心配したのですが、裏庭はほとんど見てませんでした。

とりあえず、今回のインスペクションも、何も問題が無く、無事に終わりました。
ああ、良かった。ホッ!


* Category : 日本との違い
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
上の娘サリは、9月に6歳になったばかりです。
日本に居る時には、保育園に通っていました。
が、6月にこちらに来たとたん、小学校に入学しました。
レセプションという学年です。

サリは、全く英語が話せずにこちらに来ました。
そのため、普通のクラスではなく、NEW ARRIVAL PROGRAM(通称NAP)のクラスに入っています。このNAPは、アデレード近郊では、8校だけあるプログラムです。
移住してきて、英語が話せない子ばかりのクラスなので、国籍もバラバラ、年齢もバラバラ、入学の日もバラバラ・・・大抵は1年くらい、そのクラスにいれば、日常英語に困らなくなり、通常のクラスに入るようになるそうです。
たった1年で、日常の英語に困らなくなるって・・・・
子どもって、本当に吸収が早いです。うらやましい・・・・

NAPの児童は、当然、移住してきて間もないのですからアデレードの事をほとんど知りません。そのため、英語の勉強だけでなく、お金の勉強や、シティへの催し物にも参加させてもらったりします。
9月にはロイヤルアデレードショーに、学校から連れて行ってもらいました。
今日は、学校で勉強したことの実践でしょうか。
電車に乗ってシティまで行き、セントラルマーケットで果物を買ったそうです。
その後、デイビッドジョーンズの中にあるマジックケーブ(クリスマスのイベント)に行き、メリーゴーランドに乗ったり、フェイスペインティングをしてもらってきました。

学校へ迎えに行くと、暑い中、たくさん歩いてくたくたになっているはずのサリが
「見て!見て!お顔に、お花を書いてもらったの!」
と初めての体験に、目をきらきらさせながら話してくれました。

こちらではフェイスペインティングは、結構普通にやっているようです。


* Category : 小学校・日本語補習校
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
毎週月曜日は、スズ(3歳)をFamily Day Careに預けています。

このファミリーディケアとは、自宅で子どもを預かって見てくれるという制度。
ベビーシッターの逆パターンという感じでしょうか。
管理団体があり、教育も受けている人がやってくれるので、安心です。
チャイルドケアに申し込みに行ったのですが、アデレードでも待機児童が多く、なかなか入れません。私が申し込みに行ったところは、3人待ち。ウエィティングリストの4番目に名前を書いてきました。
「いつ空くか分からないからね~。他のチャイルドケアにも、名前を書いてきたほうが良いよ。」
と言われました。かれこれ、2ヶ月以上経ちますが、まだ、
「空いたよ~、入れるよ~。」
という連絡はありません。

月曜日だけ、9時半から12時半まで見てもらいたいのは、私がコミュニティーセンターに、英語を習いに行っているからです。そのコミュニティーセンターは、マンツーマンでみっちり教えてもらえ、モーニングティーもついてなんと、たったの2ドル。先生たちはみな、ボランティアです。

幸い、我が家の近くでファミリーディケアをやっているお宅があり、6時間が基本なのだけれど、3時間だけの利用でも、快く引き受けてもらえたので、預けることができました。

月曜日の9時半にスズを連れて行くと、その人の子(1歳)と、お姉さんの子(1歳)と、預かっている4歳の女の子と、スズ(3歳)の4人。
4人でのんびりと、家の中で、時には庭で遊んでいます。
毎週、トイライブラリーで違うおもちゃを借りてきてくれているので、スズも喜んで遊んでいます。


* Category : 育児・子どものこと
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
初めて我が家だけで、キャンプに行ってきました。
場所は、アデレードから北東に4時間。約260キロのところにあるレンマークです。マリーリバー上流の静かな町です。
キャラバンパークに泊まるのも初めてのことなので、少しドキドキでした。が、テントとタープの設営は、夫と私の二人だけでやっても1時間ほどでできました。ホッ

ランチはキャンプの定番、バーベキューです。サイコロステーキ(肉が固いので、前の晩からガーリックオイルにつけておきました)串に刺した鶏肉(しょうゆとみりんで下味をつけておきました)ソーセージ、牛タン。こちらでは牛タンが皮付きのまま丸ごと売られています。意外と安く一つ4ドルほどで買えるので、時々買ってきます。半分凍らせてから、皮をそぎおとし、その後、やや厚めにスライスした物を持ってきました。フライパンでジュージュー焼いて、お皿に乗せたまでは良いのですが・・・・

ゆっくり食べてなんていられないんです。

なぜって?

すごい数のハエ。ハエ、ハエ、ハエ、ハエ、ハエ・・・・・

顔の周りをぶんぶん飛ぶだけでもうっとうしいのに、食べ物を狙って、大群でやってくるのですから、たまりません。サリと、スズに
「早く食べて!早く!早く!ハエが来た!早く!」
と叫び続ける私。
両手でハエを追い払い続ける夫。
料理の上にかぶせる為に買ったハエ避け用のネットを、頭からかぶってのランチになりました。haeyoke

夕方には蚊との戦いも始まりました。大き目の蚊で、刺されるとチカッとします。
刺された後は何日も痒いので大変です。

でも、夜には満天の星空が見られ、あちこちにポッサムも出没して、子ども達は大喜びしていました。


* Category : 旅行
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
アデレードに移住して、4ヵ月半が過ぎました。
ようやく生活も落ち着き始め、周りのことが少しずつ分かるようになりました。

本当は移住当初から、ドタバタ日記を記録しておきたかったのですが、
毎日の生活に手一杯で、とてもブログをやろうなどという心の余裕がありませんでした。

でも、ようやく少し落ち着いたこと、アデレードに来るときに情報が少なく困ったので、これから来る人達の情報源になればと思い、アデレードのことや、日々の生活を書くようにします。


* Category : 移住・引っ越し
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
思ったよりも早く、今日、サブクラス137のビザシールが貼られたパスポートが我が家に戻ってきました。
うれしい~~~!
このビザシールのために、どれだけ苦労したことかと思うと本当にうれしかったです。
でも、私たちにとっては「永住権」ってものすご~~~いことだから
「Welcome」
とか
「Congratulation!」
とか、
これからの生活についてのアドバイスとかあるのかなぁなんて思っていたのに、
大使館から送られてきた封筒に入っていたのは、
私たちのパスポート4冊のみ!
紙切れ1枚入っていないので、なんだか拍子抜けしてしまいました。

これからの生活(移住にあたって)は自分でHPからプリントアウトするそうです。

万が一泥棒に入られても取られないようにと、主人が絶対に見つからないだろうなと言うところにパスポートを隠したので、笑っちゃいました。

お世話になった、Leika(三原さん)のサイトに体験談を投稿したので、それを転記しておきます。波乱万丈のビザ取得記です。

*************************************************************

日本在住、NIさん(2005年4月取得)

7年越しの夢がかなった!

2005年4月7日、私たちはようやく永年の夢だったオーストラリアの永住権を取得することが出来ました。三原さん曰く、
「2年を越えるおつきあいは他には無い」
と言うことなので、クライアントの中ではずばぬけて最長記録の一家。紆余曲折、途中挫折、山あり谷ありの末なので、あまり参考にはならないかもしれませんが、少し書かせてもらいます。 


出会いは7年前

1998年8月「オーストラリア 永住」で検索していて、たまたま出会ったレイカのHP。その充実ぶりに驚き、
「こうやったら永住権が取れるみたいだよ。」
とそれまで漠然と、いつかオーストラリアに住めたら良いねと話していた私たちに「永住権」という方向を指し示してくれました。早速、三原さんに査定していただくと
「可能性あり!」
とのこと。すぐに包括代理申請をお願いしたのですが・・・・


第1のアウト

35才の誕生日までに申請したいと無理を言い、短い時間に書類を整え、申請をしました。あとからIELTSの結果を送付すると言うことにして。
そして、初めて受けたIELTS。ドキドキしながら結果を待っていたのですが、その結果は惨憺たるもの。(とてもここで何点だったかなどと言えるような点数ではありませんでした。)
三原さんと相談の結果、規定ポイントに達していないIELTS結果により審査が開始されると結果不合格となりビザは取得出来ないし、記録にも残ってしまうので、申請料は戻ってこないけれど申請を取り下げた方が良いということで、1999年5月にそのようにしました。


第1のラッキー

申請は取り下げたものの、エンジニアとしての資格は、いずれ申請するときに必要になるものだからという勧めで、先にIEA(オーストラリア・エンジニア協会)へ1999年5月に技術認定の申請をしていました。
申請後に提出するためのCDR(これまでに自分がしてきた職務の詳しい内容)を忙しい仕事の合間をぬって書いていた最中、1999年7月1日にIEAの申請基準が大きく変わり、申請するためにはIELTSの各セクション6点が必須になってしまいました。IELTS5点がクリアできずに、申請を取り下げた私たちにとって、ますます高いハードルになってしまったかと思ったのですが、幸い、審査基準の変更前に申請していたため、IELTSの点数は問われずに審査してもらえました。そして、膨大な量のレポートを提出したのが1999年11月22日でした。待つこと約半年。4月にようやくIEA認定が取れました。
(このIELTS6.0を問われずに認定を取れたことが、後々、とても大きなことになりました。結局最終的に6点は取れなかったのですから)


第2のアウト

3ヶ月ごとに受けたIELTSですが、日々仕事に追われ、勉強する時間は1日に10分取れるかどうか。そんな調子ですから、なかなかスコアアップが図れず、
「あ~~、また、今回もダメだった。」
「前回、あと1項目だけだったのに、今回は前回クリアしたところがダメだった。」
と4項目オール5点を取ることが出来ずに月日が過ぎていきました。
そして、悪夢の2002年5月7日、パスマークがそれまでの110ポイントから115ポイントにアップしてしまったのです。IELTSを各セクション6点取るか、配偶者がIELTS5点を取って、配偶者のサポートポイントを加算するか・・・
どちらもかなり高い壁、絶対に壊れそうにない鋼鉄の壁のように思えてしまいました。

その頃、ニュージーランドの永住権の申請条件はIELTSが平均5点で良く、私たちは十分パスマークをクリアする条件があったので、ニュージーランドの永住権申請に切り替えることにし、三原さんには、あとはIELTSクリアだけでしたが、少しでも可能性のある方にかけたいとお話しし、オーストラリア永住権を断念したのでした。


第3のアウト

ニュージーランドもオーストラリアと同じように、年々移民の受け入れ条件を厳しくしていっていました。書類を準備している間にもどんどん条件が変わっていったのですが、何とか申請にこぎつけ、ホッとした2日後。移民法が大幅に改正され、それまでIETLS平均5点で良かったのに、いきなり6.5点必須というものになってしまいました。しかも、その条件は現在申請中のものにも適応されると言うことで、私たちもアウトになってしまいました。


そして再び・・・

オーストラリア移住の夢をあきらめきれなかった私たちは、英語の勉強を続け、2003年7月に、配偶者が先にIELTS各セクション5点をクリア。これにより、配偶者のサポートポイント5点が得られることになりました。あとは、私のIELTS各セクション5点をクリアするのみ!
2004年の2月には40才になってしまうので、その前に申請をしないといけない。その為には2003年11月15日のIELTS受験がラストチャンスになると思っていました。でも配偶者の職業認定に時間がかかっては、2月までに申請が間に合わないのでは無いかという危惧があり、無理を承知で三原さんにまた申請代理をお願いすることにしました。IELTS受験前の見切り発車でした。


第2のラッキー

2003年11月15日に受験したIELTSですが、どうも感触が良くなかったので、半ばあきらめていたのですが、2週間後に来た結果は、見事というか、ようやくというか、各セクション5点をクリアすることが出来ました。本当にラストチャンスでした。ここで、まるで永住権が取れたかのように大騒ぎ&大喜びしたことは言うまでもありません。IELTSをクリアするまでに5年もかかってしまったのですから・・・・


三原さんに感謝! 無事申請!

それからの毎日は書類を揃えることに必死でした。二人とも仕事をしていましたが、三原さんは携帯アドレスに頻繁にメールをくださり、どんどん書類を整えていくことができました。土日にもかかわらずメールが来たときには驚きましたが、更には年末年始も返上で、ほぼ毎日、メールでのやりとりをしていただきました。そのお陰で無事、40才の誕生日前、2004年1月中旬にDIMIAに申請することが出来ました。
2004年2月には申請書受領の手紙ももらい、50週待つのみとなりました。この間に、2004年4月にパスマークが120ポイントに上がったのですが、その日以前に申請したものには適応しないと言うことでセーフでした。


第4のアウト

2005年1月、50週目前にして
「DIMIAから健康診断、無犯罪証明を出すようにとの連絡が来ました。」
と三原さんが電話をくださいました。
「やっと来たか~」
と思ったのもつかの間、同時に
「配偶者のスキルアセスメントの取り直し」
を要求されていたのです。配偶者は小学校の教員をしていましたが、教員でのスキルアセスメントにはIELTS7.0点を要求され取得は困難なので、IELTSの点数を問われないコミュニティーワーカーでのスキルアセスメントを取り、提出していました。

しかし、職歴が長期にわたって小学校教員なので、教員としてのスキルアセスメントを再提出、しかも2005年3月2日までにと言うものでした。1年間待たされたあげくにアウトか!と目の前が真っ暗になりました。
3年間の居住就労後(最短2年)に永住権を申請できるSIRビザの可能性があるから、そちらへの申請に切り換えるかどうかという選択を迫られたのですが、それしかないのならSIRビザで、と意向を伝え電話を切りました。


第3のラッキー

ところがその日のうちに、三原さんがSTNIビザの可能性があると教えてくださいました。私たちにとって、SIRビザって? STNIビザって? と突然降ってわいた話に右往左往していたのですが、とても丁寧に教えてくださいました。SIRは一時滞在ビザ、3年間のうちの1年間フルタイムの仕事をすることによって、永住権を申請することができるビザ。STNIは、州がスポンサーになってくれる永住権。どちらを取るかは、大きな違いです。
サウスオーストラリア州なら州都(アデレード)に住めるし、職業リストにメカニカルエンジニアがあるから、スポンサーシップを取ることができる可能性があると言われました。では、サウスオーストラリア州に申請しようと決めたとたん、あれよあれよという間に三原さんが書類を整えてくださり、DIMIAから連絡が来て2日後にはスポンサーシップの電子申請を済ませていました。しかも、その2日後には無事にサウスオーストラリア州から「ぜひ来てね!」とスポンサーシップ承認のメールが来ました。1年待たされていた私たちにとってはたった2日で返事が来たことに驚きを隠せませんでした。


無事に書類提出

STNIビザの書類を整えると同時に、無犯罪証明を取ったり、健康診断を受けに行ったりしました。2005年2月上旬には、サブクラス136から137への変更する旨の書類を含む全ての書類をDIMIAに送ることが出来ました。
1ヶ月後くらいには、変更承認の手紙が、5月か6月にはビザが降りるだろうと言うことだったので、ドキドキしながら待つことにしました。


そしてついに!!!!!

2ヶ月経ってもサブクラス変更承認の手紙が来ないので、変更を認めてもらえなかったら・・・と不安になりかけていたときに、三原さんがDIMIAに進行状況を尋ねるメールを送ってくださいました。すると、次の日、思いがけず、
「STNIビザを承認します!」
と言うメールが返ってきたのです。ようやく、ようやく、私たちも永住ビザを取得することが出来ました。長い長い道のりでした。数日後には親子4人分のパスポートにサブクラス137のビザシールを貼ったものが手元に届きました。それを見たときの感動はひとしおでした。
でも、私たちがビザを取れたのは三原さんのお陰と言っても過言ではありません。いつでも的確なアドバイス、指示、迅速な対応、先を見越した行動、数百通にもなるメールのやりとりがありました。一度もお会いしたことがないのですが、全幅の信頼を寄せていました。

永住権はゴールではなく、オーストラリアでの生活のスタートです。これから新しい生活が始まりますが、そのチャンスの手助けをしてくれた三原さんに本当に感謝しています。ありがとうございました。


* Category : 永住権
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
昨日のDIMIAからのビザ承認のレターをプリントアウトした物と一緒に私たち4人分のパスポートを、東京のオーストラリア大使館に送りました。
ビザシールを貼ってもらうために。

もちろん書留で送ったけれど、途中でなくならないか心配。
ちゃんと届くよね・・・
1週間くらいで戻ってくる、と言う話なので、来週の金曜日辺りかな。
楽しみだな~~。


* Category : 永住権
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
早い!早すぎる!今日で本当に1年が終わりなんですね。
暑くて、全然年末の気分にならないけれど、確かにカレンダーは今日で終わり。

今日は、お友達に誘われているので、
ビクターハーバーまで行って、ニューイヤーズイブを過ごす予定です。
コンサートや花火などが行われるそうで、楽しみにしています。

今年1年は、我が家にとって、生活が180度変わった年でした。

簡単に振り返ってみると・・・

☆1月 永住権ピンチ!
 DIMIAに申請して、おとなしく50週を待ち、
 ようやく届いた手紙に
 「私のIELTSの取り直し」
 を要求されていました。
 7.0ですよ。5.0をやっと取った私が、
 3週間以内に、取れるわけがないじゃないですか。
 目の前真っ暗でした。
 幸い、サウスオーストラリア州のスポンサーシップが取れたので、
 ビザクラス137に切り換えることで、
 何とかピンチをしのぎました。


☆3月 退職
 12年間、毎日忙しく働き続けてきたので、
 やめたときはしばらくボーっとしていました。
 
☆4月 念願の永住権取得!
 5月か6月頃に連絡が来るだろうと言われていたのに、
 思いがけず4月の上旬に取れたので、
 夫も私もそしてエージェントもびっくり!!!
 念願のビザシールが貼られたパスポートが大使館から戻ってきたとき、
 「WELCOME!」
 でも、
 「おめでとう」
 でもなく、ただ、パスポートだけが入っていたので、
 なんだか拍子抜けしました。

☆6月 暑さの中引っ越し準備
 いくら荷物を減らしても、全然減らず、
 最終的にはなんと93箱もの荷物を送りました。

☆6月29日
 ついにオーストラリア・アデレードに到着。
 このときをどれだけ夢見ていたことか。
 政府のMeet & greet Service で空港に迎えに来てくれたSさんは
 とてもいい人。
 政府のアパート(3ヶ月間だけ入居できる)を頼んであったので、
 そこまで送っていってくれた。
 Sさんはその後も、私達のことを何かと気にかけてくれ、
 面倒を見てくれています。

☆7月下旬
 今の家に引っ越し。
 本当は安い政府のアパートに、ギリギリ3ヶ月居たかったのだけれど、
 家を決めないとサリの学校も決まらないので、
 早めに家を見つけ引っ越しました。

 サリ、小学校入学。
 日本では、毎日保育園に通っていたサリなのに、
 こちらでは小学生。
 NAPのクラスで、たくさんの違う国のお友達に囲まれ、
 当然、朝から晩まで英語漬け。始めのころは、登校拒否ぎみ。
 毎日、朝になると
 「サリね、勉強は好きだよ。学校楽しいもん。
  でも、気持ち悪いの・・・・」
 と言ったり、送っていった私の手を離そうとしなかったり、
 離れるときに泣いたり・・・・
 こちらの学校の良いことは、親がいつ行っても、いつまで居ても良いこと。
 サリが泣いていたら、先生が
 「サリが落ち着くまで、横に居てあげて。」
 と言ってくれるので、サリも安心して勉強できるようになりました。


☆アデレードとその近郊
 休みの度に、アデレードの近辺をドライブ。
 ちょっと走るだけで本当に素敵な景色、雄大な自然でいっぱい。
 公園もたくさんあり、どの公園もとても整っています。
 遊具の下には、落ちても痛くないように
 ウッドチップが敷き詰められており、安心して遊ばせられました。
 今から行くビクターハーバーも、マクラレーンベールも、
 バロッサバレーも、本当に素敵なところで、
 「ああ、オーストラリアに来られて、本当に良かった。」
 と何度も思いました。
 家から10分くらで行ける海岸ですら、本当にきれいで、
 リゾート地のようで、のんびりするには最高の場所です。

☆食べ物
 はっきり言って、お寿司が食べたいです。
 日本にいるときは、お寿司やさんによく行っていました。
 もちろんまわるお寿司やさんですよ。
 日本を離れる直前なんて、週に2~3回行ってました。
 こちらは、お魚が高いし、鮮度も???
 なのでとても生で食べる気にはなりません。
 日本食レストランや、回転寿司もあるのですが、高くて行けません。
 まだ、帰国の予定はないのですが、
 日本に帰ったらしたいことベスト1が
 「お寿司を食べること!」
 です。
 
 日本に居るときには、仕事をしていたこともあって、
 あまり料理をする方ではありませんでしたが、
 こちらに来て、時間があるし、もともと料理は好きな方だったので、
 いろいろチャレンジしています。
 この半年で、ちょっとは料理の腕も上がったかしら!?

楽しいこと、うれしいこと、驚いたこと、泣いたこと、笑ったこと、悩んだことが盛りだくさんの1年でした。
でも、我が家にとっては、最高の1年だったような気がします。


* Category : 毎日の暮らしの中から
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
朝から、暑いなぁ~とは思っていたけれど、
今日は41度だったそうで・・・
暑いはずです。昨日まで28度とかそんなものだったんですから。

いきなり、がが~~っと上がった気温のせいで、
うまく体温調節ができないスズは、
1日中まっかっかのほっぺたをしていました。

午前中にプールに入っただけでは暑さが取れなかったようで、
午後からも、サリとスズはプールに入りました。

大きなビニールプールなので泳げるのですが、
二人を観察していると、とても面白いです。

サリは小さい頃から、頭からシャワーを浴びても
まったく泣かず、水の中も結構平気でもぐったりしていました。
そのため、今日も、
「ママ、みてぇ~!」
と言いながら、顔をつけてバタ足をして泳いでいました。

スズは、といえば、こちらは赤ちゃんのときから
シャワーを頭からかぶるたびに、大泣き。
3年半たった今でもです。
毎日、シャワーをするときになると、悲鳴のような声で
「やめて~!やめて~~~!うぇ~~ん!」
と叫んでいます。
そのため、プール遊びでも、決して顔をつけません。
万が一、顔にかかったら、ものすごい勢いで、顔をこすって水をふき、
プールの外へ
「ぺっぺっぺ!」
とつばを吐き出すほど。
そんなにかかってないでしょ、それはちょっと大げさよと言うくらいやっています。

pulu

そんな様子を見て、サリが面白がって、
バタ足で水がかかるようにしたりするんですよね~。
仲良く遊んでいるかと思うと、時々、スズの
「やめて~!」
が聞こえてきました。

明日も、暑くなるそうです・・・・


* Category : アデレード
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
私たちがオーストラリアに移住して、
今日でちょうど6ヶ月です。
早いものです。
あっという間でした。

誰も知る人のいないアデレード空港に降り立ったのが半年前。
それから、多くの人に助けれられ、支えられ、
不思議な縁もあり、寂しい思いをする暇がないほど、
出会う人に恵まれました。
こんなに多くの人にこんなに良くしてもらって
良いのだろうかと思うほど、
手を差し伸べてもらいました。


子ども達もそれほど大きな病気もなく、
(一度、サリが誕生日に興奮しすぎたのか、翌日40度の熱を出したけれど)
毎日のけがには冷や冷やしながらも、
元気に、明るく、のびのびと育っていってくれています。

初めの頃に出会った人に聞くと、
あの頃のサリの顔はきつかった。
今はとても優しくなって良い顔をしていると言います。
やはり、子どもなりに、言葉の通じない環境で、
ストレスがたまっていたのでしょう。
でも、今は、少しずつ英語も分かるようになり、
この生活を思う存分楽しんでいるようです。

半年を振り返って思うことはいろいろありますが、
半年もオーストラリアに住んでいれば、
もっと英語がぺらぺらになると思っていたと言うのが正直なところです。
子どもじゃないですよ、私や夫のことです。

日本にいたら、たとえ1ヶ月の語学留学でも、
飛躍的に英語力が伸びる気がしていたのですが、
そうではないんだと言うことを知りました。
6ヶ月たっても、相変わらずしどろもどろですから・・・・

今日は、お友達の家族と、オールドノーランガの公園で
バーベキューをして、6ヶ月記念日(?)を一緒に祝ってもらいました。
だんなさんがオーストラリア人なので、会話はなるべく英語でしたが、
やはり、奥さんに頼ってしまいました。いかん、いかん!


* Category : 移住・引っ越し
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
何が悔しいって、さっき、日記書いたのに、
送信したとたんにネットが切れて、登録できず、
日記は消えてしまいました
書き直しです。

何を書いたかというと、パソコンは難しいということでした。
妹が、ブログを読み、コメントを2回ほど入れてくれたそうなのですが、
表示されていません。
「なぜ?」
と聞かれても、ブログ初心者の私には
「知らない・・・」
としか、答えられません。

このごろ、パソコンの調子が悪くて、先日、再セットアップをしたばかりなのに、セキュリティーが強すぎるのか、LANで2台つないでいるのがいけないのか、単に古いからなのか(MEでがんばってます!)
使っている途中で、ネットがブチッと急に切れるわけです。
さっきもそうでした。
書き込みまでは全然OKだったのに、登録するのボタンを押したとたん、
ブチッと切れ、ついでに私の頭もブチッと切れそうでした。
「消えちゃったよ~~~!もうほんとに!!!!」

本当は、ほかの人のように
ブログピープルなる物を表示させたり、
人気ブログランキングのバナーを貼ったり、
文章の途中でリンクを張ったり(ここをクリックしてね、みたいに)
はたまた、読者数を図るためのあれこれをしたり・・・・
といろいろやって見たいのですが、
文字の大きさを変え、色をつけるのがやっと。
パソコンに詳しくない私にはさっぱり????
だって、みんな横文字なんだも~~~ん!

オーストラリアに暮らしていて、横文字にブーブー言うとは
と言われそうですが、パソコンの用語、難しすぎです。

夫もそれほどパソコンには詳しくないので、
二人で首をかしげています。

今度はちゃんと、送信できますように・・・


* Category : 毎日の暮らしの中から
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

ありがと   * by パセリッチ
そうそう、私も今、旅行の手配をしていて、
入力し終わって送信!って時に
ダメ、ってことが何回もあって、
旅行に行けるのかしら????

Re:ああもう!くやしい!(12/28)   * by いもうと
突然切れるのは勘弁して欲しいよね。
私も昨日、アメリカのサイトで航空券を買おうとして、全ての情報を打ち終わってから、国外で発行されたクレジットカードは使えませんって出て、時間を返せ~!!って、くやしい思いをしたよ。

がんばって続けてね!

個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
25日はクリスマスでした。それは当然、知ってました。

26日はボクシングデーでした。
初めて聞いたときは、何?ボクシングするの?なぜホリデーなの?
なんて思っていたのですが、
ボックスを開ける日だそうで、それで祝日って、何なんだ?
と言う感じですが、スクールホリデー中だからあまり関係なく、
あ、そう、1日がかりでプレゼントの箱を開ける人もいるのね、
と思っていました。

さて、今日。
私の頭の中では、平日です。もちろんスクールホリデー中ですが。
子ども達のリクエストによって買ったプレゼントのビニールプール
(といっても、日本のビニールプールの4倍くらいある大きさです)
に、夫が空気を入れ始めました。
まさか、口で、じゃないですよ。

車のバッテリーからつないで、電動ポンプで入れるのですが、
何せ大きなプールなので、なかなか空気が入っていきません。
電動ポンプは10分以上使ってはいけない(らしい)ので
途中から、夫は足ふみポンプでシュコシュコ入れていましたが、
入っているんだか、何なんだか。
そのうち、サリと、スズが
「うわぁ~い、プールだぁ~!」
と喜んで触るものだから、また空気が抜けたりして、
夫が
「さわったらいかん!(方言ですかね?)」
と怒り始めました。

そして、約1時間後。
「ポンプ、買いに行って来る・・・」
と、サリとスズを連れて車で出かけた夫。

約40分後、帰ってきました。
私「ポンプあった?」
夫「店が、全部、しまっとった(これも方言ですね)」
私「えええ~~?何で?祝日でもないのに~。」
夫「知らん・・・」

結局、夫は、電動ポンプを休憩させつつ、
何とかプールの空気を入れ終えたのでした。

ところが、朝はピーーーーカンの快晴だったのに、
お昼頃から、急に暗くなり、激しい雷雨。
曇り空は夜まで続き、結局、
今日はプールに入れなかったサリとスズ。
「はいりたぁ~~い!」
と言うコールはうるさかったのですが、肌寒く感じたので、
「だめ!風邪引くから、絶対だめ!」
と言って、入れませんでした。
明日は、できるかな????


それにしても、タイトルに不思議、と書いたのは
なぜ、今日、店が全部閉まっていたかと言うこと。
きっと、オーストラリアに長い人なら詳しいのでしょうが、
初めてのことなので、びっくりしました。


* Category : オーストラリア
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
裏庭の木に、プラムが鈴なり。
鳥が狙って、突っついています。
鳥って、贅沢な食べ方するんですね。
2~3口突っついて、他のを食べていたりするんです。
下に落ちているのもたくさんありました。

夕方、4人でプラムの収穫をしました。
手の届く高さの所は、手でもぎ、
脚立がいるところは、脚立に上りとりました。
「あ、真っ赤っか、おいしそう!」
とちぎると、反対側を鳥が突っついていて、ペケという物もたくさんありました。
その数、ざっと80個。くやしい・・・・・
鳥は、おいしい物を良く知っているんですねぇ。

脚立に乗っても手が届かないところは、
火ばさみで取りました。
サリが、
「あれを取りたい。」
と自ら、取りたいプラムを見つけ、
そこに脚立を運び、慎重に上ります。
そして、火ばさみで真っ赤なプラムをはさみ、
クイッと引っ張ると、簡単に収穫できました。

ほんの30分ほどでしたが、
ざるに山盛り5杯分ほど、収穫できました。

そのまま食べても、とてもおいしく、サリもスズも
ガリガリ、パクパク。
「酸っぱいけど、おいしい~~!」
と喜んでいました。

山盛りのプラム。
友達に配ったり、コンポートにしたり、
ジャムを作ったりしようかな。
プラム酒も考えたのですが、
こちらではホワイトリカーが手に入らないので、
ちょっと無理かな。

果物狩りって楽しいなぁと思ったひとときでした。


* Category : アデレード
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
今日は、クリスマス。
夕方、友達の家でのクリスマスパーティーに招待されていたので、出かけました。
3時ごろ、シティを通ったのですが、ほとんど車がいないので、不思議な光景でした。クリスマス&日曜日と言うことで、町はゴーストタウンのよう。
2つも3つも先の信号まで、車が1台もないという状態でした。

セントラルマーケットの横を通ると、少し人が歩いていました。
が、すべて、アジア人。
クリスマスはあまり関係ない(?)中国人や、多分日本人でしょう。
年末年始の休みを利用して、遊びにきているのかなという一行を見かけましたが、せっかく遊びに来たのに、店は閉まっているし、人はいないし、寂しいだろうなぁ~、と思ってしまいました。

クリスマスパーティーは、大人一人につき1品持ち寄りのパーティーでした。
我が家は大人二人なので、2品持って行きました。
大人19人、子ども10人という大人数。
それでも食べきれないほどの料理が並びました。
ミートローフ、ローストビーフ、グラタン、お寿司、お赤飯、サラダ、
などがテーブルの上にありました。デザートも豊富で、ジンジャーブレッド、マンゴープリン、トライフル、フルーツ、スコーン、イチゴ大福(私が作って持って行きました)、チョコで作ったツリーなどなど。

Xmas
中でも目を引いたのが、大きな大きなハム。
思わず
「大きい~~~~!」

とても1家族では、買おうと思わない大きさですが、パーティーならでは。
削ぎ切りにしながら、パクパク。
このハムを、参加者の中で誰よりもたくさん食べたのは
わが子、スズでした。
だって、ハムのお皿の前から動かないんだもん・・・・
ほかの人も
「何?ハムが食べたいの?はい、いいよ~。」
と言って、ハムステーキのようなサイズに切ってくれてスズに渡すので、
スズは笑いが止まらない。
「うへへへぇ~~~!」
とよだれをたらさんばかりに、笑っていました。

6時過ぎから始まったパーティーは、アルコールがないにもかかわらず
盛り上がり、なんとA家を出たのは11時過ぎでした。

帰りの車の中で、サリが
「ママ~、Aちゃんのうち馬小屋だよ~~!」
とうれしそうに言うのです。
「はぁ~~~? 馬小屋? それ、すっごい失礼じゃない?」
「だって、馬が2匹(もちろん2頭の間違いです)いたもん。」
「うん、お馬がいるのは知っているけれど、馬小屋はないでしょ~。」
「だって、馬も鶏もいるんだよ。」
「だから、お馬がいるおうちだよ~、とかさ、動物園みたいとかさ、
 言い方があるんじゃない?
 Aちゃんのおうちが馬小屋って言うのは、間違ってるよ~。」
「そっかぁ~。」
と大笑いしながら、帰ってきました。

アデレードヒルズにあるAさんのお宅は、
庭だけで2000坪くらいあるのです。
「むこ~~~~の方の、木が生えているところまでが家の庭。」
と言われたときにはびっくりでした。
コアラもしょっちゅう遊びにくるようです。
まだ、野生のコアラを見たことがないサリとスズは
「コアラ、こないかなぁ~」
と木を見上げていました。


* Category : アデレード
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
こちらに来て初めて日本人ではないお友達が出来、
今日はその人の家のランチに招かれました。
お友達の名前はサリ。
そうです。我が子と同じなんです。

サリさんは韓国の人。
今日のランチは韓国の料理がずらりと並びました。
残念ながら私は韓国語は全く出来ないので
(韓国ドラマにははまっていたので、所々分かる言葉もありますが、
発音できません・・・)
サムゲタン、チヂミ、チャプチェ、サラダ、お粥のような物、
キムチなど。
どれもとてもおいしくて、お腹がいっぱい。
サリさんはとても料理上手です。

チャプチェは透明の麺のような物が入っていたので、
「冷麺と同じ材料なのかしら?」
と思って尋ねると、
スイートポテトから作った物だと言われました。
無知な私は
「スイートポテトから麺が作れる?」
とびっくり。
その他にも、見たこともない材料が色々あり、おもしろかったです。

私はすぐ隣の韓国のことを全然知らないなとつくづく思います。
食事のお皿や茶碗は持ち上げずに食べるとか、
目上の人の前では、お酒は横を向いて飲むとか、
今日、少しだけ教えてもらいました。

サリさんの子どもはサリと同じ6才。
部屋にかけ算の九九の表が貼ってあったのを見てびっくり。
韓国のかけ算って、
3の段などの中にも19まであるんです。
つまり日本なら、例えば3の段
「3×1=3」
から始まって
「3×9=27」
で終わりますよね。
でも、その韓国の表
「3×19=57」
まであるんです。
しかも、しかも
19の段まであるんですよ~~~~~!
ひょえ~~、びっくり。
でも、サリさんの時代には日本と同じだったと言うから、
最近のことのようですけれど。
さすが、日本よりも厳しいと言われる韓国の学歴社会。
小さいころから、みっちり覚えさせられるんですね。


サリさんとは当然英語での会話になり、
しどろもどろ、身振り手振りでのコミュニケーションです。
(サリさんは英語、上手です。)
いつか思ったことが自由に言える日が来るのかしら?
サリさんと思いっきり、話が出来るようになりたいなと
痛切に思った今日でした。


* Category : アデレード
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
今日は、日本では天皇誕生日で祝日ですが、
私にとっては、母の5回目の命日になります。

胃の全部を摘出したにもかかわらず、1年後に再発。
手の付けようが無くなってしまった母。
医者から見放され、民間療法の病院を自ら探し、入院した母。
亡くなる直前まで
「まだやりたいことがいっぱいある。死にたくない。
 誰か助けて。」
と言っていた母。
あんなにも多くの人から慕われ、
お葬式には300人近くの人が来てくれたにもかかわらず、
たった一人で逝ってしまった母。


今でも、思い出すと、後悔して泣けてくる出来事があります。
家から2時間以上も離れたところに入院していた母ですが、
どんどん状態が悪くなってきたので、行けるときに行こうと、
仕事を午後から休んで、ほぼ1日置きに、病院へ行っていました。

22日の午後も、年休を取り、行く予定にしていました。
そこへ私の携帯に母から電話がかかってきました。
「今日は○○さんと、○○さんが来てくれたから、来なくて良いよ。
 サリ(当時1才3ヶ月)もさびしいだろうし、家でゆっくりして。」
「え~、でも、休み取っちゃったよ。」
「うん、でも、いいからね。」
「うん、わかった、じゃあ明日(天皇誕生日で祝日)、
 3人で行くから待っていてね。」
と電話を切りました。
それが、母との最後の会話になってしまいました。

翌朝、7時4分。
病院から
「お母さんの容態が急変しました。」
との電話を受け、大急ぎで駆けつけたのですが、
2時間以上かかったので、間に合いませんでした。

なぜ前日、仕事の休みを取っていたのに、
母の所へ行かなかったのだろうと
今でも悔やまれて仕方がありません。

クリスマスを迎えさせてやりたかった。
21世紀を迎えさせてやりたかった。
いつまでも、生きて、私のグチを聞いて欲しかった。
一緒に旅行に行ったりしてほしかった。

その頃からオーストラリア移住を考えていた私が
「絶対オーストラリアに住むから、遊びに来てよ。」
と亡くなる五日ほど前に母に話したら、
「皮膚ガンになるから嫌だ!」
と言っていました。
思わず
「何言ってるの、胃ガンの人が~~~」
なんて、言っていたんですけれどね。

今の、この暮らしを、誰よりも母に見て欲しかった、
と何度も何度も、思う私です。

五年経っても、思い出すと、涙が止まりません・・・・


* Category : 毎日の暮らしの中から
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
知り合いに誘われて、夕食を食べに行って来ました。
場所は、シティのすぐ東。
Britannia Hotel の1階のレストラン。
通常13ドルくらいのSchnizel (薄い肉のカツレツ風)が
木曜日の夜は8ドルになるので、お値打ちです。
先にいた人のプレートを見て、
親子4人でも2皿で十分だと思える量だったので、
2皿オーダーしました。
1皿はチキンにグレービーソース、
もう一皿は子牛にマッシュルームソース
どちらもベジタブル(スチームの野菜)とチップス(フライドポテト)を
チョイスしました。
ここは、ソースは4種類から選ぶことができ、
野菜はベジタブルかサラダ、
ポテトはチップスかベイクドポテトから選ぶことができました。


いつもは結構、混んでいるそうですが、
今日はクリスマス直前だからでしょうか。
買い物に忙しかったり、それぞれのところでパーティがーあったりするからか、
とてもすいていました。
そのため、オーダーした料理もすぐに出てきました。

お皿からはみ出しそうな子牛のカツに、思わず笑ってしまいました。
薄い肉なので、こちらでよくある「噛み切れない」
と言うことはなく、やわらかくおいしかったです。

子ども達と分け合って食べたのですが、
二人とも
「もう少し、チップスが食べたい!」
と言うので、キッズメニューをたのみました。
Calamary & Chips (いかのリングフライとフライドポテト)
をオーダーしました。
クレジットカードで払おうとすると、
「10ドル以上じゃないと使えないの、ごめんなさい。」
と言われてしまいました。
普段、あまり現金を持ち歩かないので
「え?あるかな?」
とあせって、さいふの中を見ました。
(って、6ドルくらい、入れておけよって感じですが)

まず、紙幣の方を見ると、
5ドル紙幣があったので、それを出しました。

次に小銭のほうを見ようとしたら、
「いいわ、これで。」
と言うのです。
「え?でも、6ドルでしょ?」
「う~ん、まぁ、いいわ。」
と言って、1ドルまけてくれました。ラッキー。

お店からのクリスマスプレゼントかな?
ごちそうさまでした。


* Category : アデレード
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
昨夜、アデレードから1時間くらいのところにある
LOBETHLという町へクリスマスライトを見に行ってきました。
ここは町をあげて、イルミネーションライトなどに力を入れているらしく、
多くの観光客でにぎわっていました。
8時50分からは広場のステージで、
キリスト誕生の劇や賛美歌が行われました。
マーケットは夜11時までやっていて、
多くの人が練り歩いていました。


今日は、家の近くのハイスクールで
クリスマスライトやっているよ~という記事を見たので、
行ってみたのですが、ここはちょっと拍子抜け。
記事になるくらいだから~
車で見に行った列が渋滞しているくらいだから~~~
と思ったのですが、
「あれ?これで終わり?」
というもので、ちょっと残念。

なんとなく消化不良で帰宅しようかと思ったとき、
ふと、2週間ほど前、昼間に通ったときに
きれいに飾り付けをしてある家を発見したので、
ひょっとしたらそこなら、キンキラキンになっているかもしれない!
と思って、行ってみると・・・・


なってました、なってました。
想像以上にキンキラキンに。
しかもBGMつきで。
「すごいねぇ~、きれいだねぇ~。」
と大喜び。
ふと前方を見ると、なにやら明るい。
「あら、ひょっとしたら、あそこの家も?」
と思っていくと、やはりキラキラしていました。

その辺り一帯は、デコレーションにこっている家が多く、
10軒ほどが目を楽しませてくれました。
中には、着ぐるみを着たサンタさんのいる家もあり、
「一緒に写真とって~!」
と言うと、喜んで写ってくれ、あめまでくれました。

夜遅くに出歩くことはほとんど無かったので、
子ども達も、二日続けての夜遊び(?)に
興奮していました。

来年は、我が家も、キンキラキン????
light


* Category : アデレード
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。