12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
アデレードに移住して、4ヵ月半が過ぎました。
ようやく生活も落ち着き始め、周りのことが少しずつ分かるようになりました。

本当は移住当初から、ドタバタ日記を記録しておきたかったのですが、
毎日の生活に手一杯で、とてもブログをやろうなどという心の余裕がありませんでした。

でも、ようやく少し落ち着いたこと、アデレードに来るときに情報が少なく困ったので、これから来る人達の情報源になればと思い、アデレードのことや、日々の生活を書くようにします。


スポンサーサイト
* Category : 移住・引っ越し
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
私たちがオーストラリアに移住して、
今日でちょうど6ヶ月です。
早いものです。
あっという間でした。

誰も知る人のいないアデレード空港に降り立ったのが半年前。
それから、多くの人に助けれられ、支えられ、
不思議な縁もあり、寂しい思いをする暇がないほど、
出会う人に恵まれました。
こんなに多くの人にこんなに良くしてもらって
良いのだろうかと思うほど、
手を差し伸べてもらいました。


子ども達もそれほど大きな病気もなく、
(一度、サリが誕生日に興奮しすぎたのか、翌日40度の熱を出したけれど)
毎日のけがには冷や冷やしながらも、
元気に、明るく、のびのびと育っていってくれています。

初めの頃に出会った人に聞くと、
あの頃のサリの顔はきつかった。
今はとても優しくなって良い顔をしていると言います。
やはり、子どもなりに、言葉の通じない環境で、
ストレスがたまっていたのでしょう。
でも、今は、少しずつ英語も分かるようになり、
この生活を思う存分楽しんでいるようです。

半年を振り返って思うことはいろいろありますが、
半年もオーストラリアに住んでいれば、
もっと英語がぺらぺらになると思っていたと言うのが正直なところです。
子どもじゃないですよ、私や夫のことです。

日本にいたら、たとえ1ヶ月の語学留学でも、
飛躍的に英語力が伸びる気がしていたのですが、
そうではないんだと言うことを知りました。
6ヶ月たっても、相変わらずしどろもどろですから・・・・

今日は、お友達の家族と、オールドノーランガの公園で
バーベキューをして、6ヶ月記念日(?)を一緒に祝ってもらいました。
だんなさんがオーストラリア人なので、会話はなるべく英語でしたが、
やはり、奥さんに頼ってしまいました。いかん、いかん!


* Category : 移住・引っ越し
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-02-18 (Fri)
私達のビザはSTNI
(State/Territory Nominated Independent)
サウスオーストラリア州がスポンサーになってくれて取れた永住権。
そのため、最初の2年間はサウスオーストラリア州に住むことが義務付けられています。

ビザにはいろいろなカテゴリーがあるので、
詳しくは言えませんが(コロコロ変わって、専門家でもむずかしいので)
今、地方ポイントの関係でアデレードに来る人が増えているようです。
なんじゃ?その地方ポイントって??
と思うかもしれませんが、低人口のところに住むことを条件にもらえるポイントなのです。

NSW州ではシドニーや大きな町を除く所、
VIC州もメルボルン以外の町
WA州はパースをのぞく地域
QLD州はブリスベンやゴールドコーストは住めない

と言う条件があるのです。
ところがサウスオーストラリア州は、どこでも良いよ、
もちろん州都アデレードでもOKよ!
と言っています。
そのため、州都に住めるなら、仕事もありそうだ・・・・
と言うことで、アデレードに来る人が増えているようです。
私たちも、そう思って、サウスオーストラリア州にスポンサーになってもらいました。

私たちと同じSTNIビザでアデレードに来た人、
SIRビザ(一時滞在ビザ、3年間の内2年居住、1年間のフルタイムジョブで、STNIに申請できる)で、やはり地方ポイントのために来た人などに
何人も出会いました。

出会った人すべてが言うのは

「仕事を探すのは難しい。」
と言うことです。

やはり、低人口地域だからでしょうか、
仕事が少ないのです。

やりたい、やれる仕事があって、
どうにかジョブインタビューにこぎつけても
ネイティブ並みの英語を要求され
ボツになることが多いようです。

幸い仕事をゲットできた人でも、
ある日突然、
「あなた、英語ができないから、来週から来なくて良いわ。」
とクビになってしまった人も、3~4人知っています。

中学、高校と6年間 英語の勉強をしたけれど、
その後も、IELTSにパスする為に勉強もしたけれど、
やっぱり、スピーキングとリスニングは難しい・・・・

自分の言いたいことが言える日が、いつかは来るのかしら???


話はちょっと変わりますが、サウスオーストラリア州は
一番日本語の教育人口率が高いと聞いたことがあります。
たしかに、あちこちで、日本語で話しかけられるんです。
多いのは当然
「こんにちは。」
「ありがとうございます。」
「私の名前は○○です。」
という簡単なものなのですが、中には
「お!この人、結構しゃべれる。」
という人もいます。
周りがみんな外人(って、私のほうが外人なんですが)だからと言って
安心して、日本語で変なことをしゃべっているとばれてる・・・・
ってことも、有りそうで怖いです。

私の知り合いは20年位前に、
2年、日本に住んだことがあるのですが、
日本語はペラペラです。
たった2年で、こんなにペラペラ?
しかもそれを20年間もキープしている!?
と言うことに、とても驚きました。

2年で、ペラペラ・・・・
何年経っても、しどろもどろ・・・

この違いは、どこからくるんでしょ。


* Category : 移住・引っ越し
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。